2007年8月27日

Filed under: ちょろりのひとりごと — ちょろり @ 5:30 PM

その1からだいぶたって、
もう夏休みが終わりそうですが、
夏休みの思い出 その2でも。

小学生のときに、
家で父親が昔使っていたテントを見つけ、
好奇心旺盛だった私は父にテントで寝たい!
と言ったような気が…(記憶が怪しいです)

父は家のすぐ目の前にある神社にテントを張ってくれて、
私を入れて5人くらいの子供ばかりで泊まることに。

かなり田舎だったので、
子どもだけでもイノシシさえ出なければ危険はなく、
当時はイノシシもあまり出なかったので、

最初はかなりウキウキしておしゃべりなんかをしていたのに、
年下の子からトイレに行って来ると言って、
一人いなくなり…、また一人いなくなり…

結局朝残っていたのは私と妹の二人!!

後の三人は寝ぼけてトイレに帰って、
いつもの習慣で自分の寝場所に戻ってしまったらしく、
朝起きたら家で本人が一番びっくり :-P だったそうです。

実家に帰ったときに思い出した話です☆

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

コメントを投稿するにはログインしてください。