2014年12月22日

こんにちわ。kimonoです :-)

先日、とある業者様のサーバハッキングがあり、そちらの調査対応を受注し、原因が分かりましたので、せっかくですので、こちらでその事例を攻撃事例としてご紹介させていただきたいと思います。

※お客様名は内容が内容だけに伏せさせていただきます。

状況としましては、ネットワークの負荷が100%に達し、全く内部から外へのインターネット閲覧などができなくなり、外部からも内部のサーバなどにアクセスができなくなるといったことでした。

調査をしていきますと、ある一台のサーバから大量のパケットが発信されており、それが原因でネットワーク全体を100%にしてしまうほどの負荷が出ておりました。

当初は大量に発信されているパケットをファイヤーウォールにて破棄するようにしましたが、あまりにも大量すぎ、今度はネットワーク機器の負荷が100%になってしまいましたので、最終的には、そのサーバのネットワークケーブルを抜き、物理的にそのパケットの送信ができないようにして、全ての負荷が止まり、一時対応として終わりました。

それでは何が大量に送られていたのか、何故そのような事態になったのかということを調査していきました。

(more…)


© 2004-2020 Obitastar Co.,Ltd.