2011年11月14日

こんばんわ、ちょろりです。

一週間ほど前に、仕事で使っているFirefoxが8系にバージョンアップしました。

バージョンアップは良くあることなので、
あんまりいつもはあまり気にしないのですが、
今回はちょっと気になることが・・・ :-)

ファビコン目立たせすぎじゃないですか?

今までもタブを開いたときは、
サイト名の左横にファビコンが表示されていたのですが、
今回はファビコンが無い場合は、点線でファビコンの枠が表示されるようになっていました。


こんな感じ。

今までは無くても空白なので、あまり気にしていなかったものが、
点線で囲まれるとなんだか目立つ!
※図の赤線部分がファビコンが無いタブです。

しかも、オビタサイトのリニューアルのときにファビコンの設定を忘れていたことが判明 :oops:

ということで、ダッシュでファビコンの設定をしました!!

折角なので、ZenCartでのファビコンの設定方法も載せておきます。

**********************************

1,まずファビコンに使う画像を作る、もしくは決める。

ファビコンの表示が16px×16pxになるので、画像は正方形で作ったほうがきれいです。

あまり大きいと小さくなったときにつぶれてしまうので、
私は、32px×32pxくらいの画像を用意します。

2,作った画像データをファビコン用のデータに変換する。

色々なサイトがあるようなのですが、下記サイトで変換することが多いです。

Favicon Japan!!

※『Favicon』または『Favicon 作成』などで検索をすると、色々詳しいサイトがヒットします。

3,ZenCartでファビコンが使える状態にする。

ZenCartのデフォルトテンプレートのhead部分には、ファビコンを表示する為のソースが書かれています。
ただ、このままではファビコンのデータをアップしても、ファビコンは表示されません。

ZenCartの、includes/languages/japaneseフォルダ内にある、meta_tags.phpの39行目にある、
//  define(‘FAVICON’,’favicon.ico’);

上記の部分のコメントアウトを削除し、
下記のような状態に変更します。

define(‘FAVICON’,’favicon.ico’);

※オーバーライドを行っている場合は、
includes/languages/japanese/『テンプレート名』フォルダ内に変更したmeta_tags.phpをアップロードしてください。
すでに、テンプレート名のフォルダ内にmeta_tags.phpがある場合は、
そのmeta_tags.phpを編集してください。

これで、ZenCartでファビコン反映されるようになりました。

4,ファビコンをアップロードする。

2で作成したファビコンのデータをインストールしたZenCartの一番上のフォルダにアップします。

※『includes』や『download』、『images』フォルダと同列、index.phpと同じ場所にアップしてください。

これでZenCartのファビコン設置は完了です。

2011年11月11日

こんにちわ、
やんでるのか、降っているのか…微妙すぎる雨の中、
傘を差すか、差さないか周りの人を見ながら多いほうに傾く、
小心者のちょろりです :oops:

*************************

オーダーメイドプランのプチリニューアルをやっていたのですが、
本日、制作実例のページを追加しました。

オーダーメイドプランは、
見た目としてはオリジナルのテンプレートを導入し、
内面としては、配送や支払いのモジュールの設置・設定や、
簡易カスタマイズなどができるZenCartショップ作成のプランです。

今回の導入実例は、
どちらかというと見た目側からのアタックです
(ちょろりが見た目側の方に多くかかわっているからです!!)

今回紹介した5サイトのうち、
4サイトは提供された画像やデザインを基にして、テンプレートを作成しています。

人によってこだわる部分は様々なので、同じZenCartをベースにしていても、
全く違うサイトになるということを、出来上がったサイトを見るたびに思います。

『オーダーメイドプランって色々できるのはわかったけど、実際どんなサイトができるの?』
なんて思っていた方は、是非オーダーメイドプランで作成されたサイトを実際に見てみてください :-D

デザインについてはオーダーメイドプランに限らないのですが、
テンプレートにこだわりたいけど、自分では作れないということで、
お問合せがくる場合もあります。

ZenCartは自分で設置できて、テンプレートだけということであれば、
テーマ、テンプレート作成代行というプランもあります。

更に、ZenCartのバージョンアップや、
CMSの乗り換えをしたいけれど、デザインが変わるのはイヤだ!!
という人におすすめなのは、
デザインそのまま/システムそのまま乗り換えプランです。

このプランは、ZenCartに限らず、
HTMLをGeeklogやWordpressにということも可能です。

さすがに全てを全く同じとはならない場合もありますが、
元のデザインにできる限り近い形で、
テンプレートやテーマ、レイアウトを作成します。

2011年11月10日

Filed under: ちょろりのひとりごと,ちょろりのひとりごと — タグ: , , — ちょろり @ 6:42 PM

こんばんわ、ちょろりです :-D

この前のブログでは暑いとか言っていたのですが、
最近は寒い日が続きますね。

平年並みらしいですが、
その前が暖かかったせいか、余計寒い気がします… :-?

*************************

ZenCartのサポートをすることが多いので、
その中でも、時々質問がある設定をご紹介します!!
そのうちFAQにも掲載予定です。

 

●サイドボックスのEZページのブロックに表示されないページがある。

これは、サイドボックスだけではないのですが、
ZenCartではヘッダーやフッターにもEZページの項目を表示することができます。

『追加設定・ツール』→『EZ-Pages』から一覧を確認しても、
『ヘッダー』『サイドボックス』『フッター』の表示させたい部分は表示状態(緑ボタン)になっているのに、
サイトを見てみると表示されていない項目があるという質問が時々来ます。

この時にまず確認していただくことが、
一覧の緑ボタンの左側にある数字が0になっていないかということ。

そうなんです ;-)
この数字は整列の順序を決めるものなのですが、
この数字が0になっていると、
いくら表示状態になっていても、表示されないのです!!

なので、緑ボタンの左側が0になっていた場合は、
編集画面から適切な数字を入力すれば、
きちんと表示されるようになります。


●セールを設定したら、特価の商品の価格が高くなってしまった。

この質問は、お客様から指摘を受けて気づかれる方が多いようです。

これは、セールの設定をする際に、
『特価商品の場合』という部分を変更すれば解消できます。

管理画面の『商品の管理』→『セールの管理』から、
新しいセールの登録もしくは、編集画面を表示させると、
上から4つ目に『特価商品の場合』という項目があります。

選択肢は3つです。

1、特価商品の価格を無視する – レギュラー価格にセールを適用し、特価を置き換える
※この設定が基本設定として選択されています。

この場合、特価価格になる前の通常の価格にセールを適用しますので、
特価が10%off、セールが5%offであれば、
質問であったようにセールをしている間のほうが商品価格が高くなってしまいます。

この時の価格の表示は、
定価(打ち消し線)、特価(赤文字+打ち消し線)、セールのみの適応価格(赤文字)
となります。

こんな感じ、
10,000円  5,000円
特価: 9,000円

2、セール対象外 – 特価商品はセールを適用しない

この場合、特価が設定されている商品にはセールは適応されなくなります。
よくある、赤札品はセール対象外みたいなものです。

この時の価格の表示は、
定価(打ち消し線)、特価(赤文字)です。

こんな感じ、
10,000円 特価: 5,000円

3、特価商品の価格にさらにセール値引きを適用する

この場合、特価価格に更にセールを適応します。

この時の価格の表示は、
定価(打ち消し線)、特価(赤文字+打ち消し線)、セール+特価適応価格(赤文字)
となります。

こんな感じ、
10,000円 5,000円
特価: 4,500円

どれを選択するかによって、
金額が全く違う場合もあるので、何気に要注意です。

2011年11月4日

こんばんわ、ちょろりです :-D

ここ数日、昼間は結構あたたかい…というより、
ちょっと暑い…

節電、節電と思いつつも、一番暑い時間は扇風機が活躍中してしまっています :oops:


オビタスターの総合トップページにあるフラッシュ(正確にはフラッシュではないですが…)の、
一部を入れ替えました!!

今回のおすすめは、
ZenCartオーダーメイドプランです。

このプランの最大のおすすめポイントは、
自分の希望に合ったショップを作れることです!!

オリジナルのテンプレートはもちろん、
手間のかかる配送や支払いのモジュールの設置・設定、
モジュールも、数ある中から必要なものを設置・設定します。

更に、簡単なカスタマイズであれば、費用内での対応も可能です。

 

ショップは作りたいけど、どんなモジュールがいいのかわからないという場合も、
同じ業種のサイトや、希望を確認しながら、ピッタリのモジュールをお探しします。

導入可能モジュール一覧はこちら

 

オリジナルテンプレートも、デザインの希望を確認後、
トップページ、商品一覧ページ(カテゴリページ)、商品詳細ページ、
上記3点のデザインを提出し、更に修正を加えて希望にピッタリのデザインを決定します。

更に、ドメイン維持費や、SSL(Rapid SSL)費用、
サポート・保守・メンテナンス費用がお得なのも、このプランの特徴です

 

ショップを作るなら、やっぱりこだわりたい!

同じ様な商品を扱うショップが多いから、
デザインで特別感を出したい!

ナンバーワンじゃない、オンリーワンのショップオーナーになりたい!!

こんな人は是非一度、
ZenCartオーダーメイドプランをご覧ください :-P

2011年11月1日

こんばんわ、ちょろりです :D

もう11月ですね・・・本当に月日がたつのが早い、
もう、どうしようってなるくらい早いです!!


せっかく11月になったので、
しばらく放置していたテンプレートサイトの『おすすめテンプレート』を入れ替えました :oops:

すっかり寒くなってきて、本格的に秋という感じになってきたので、
茶系や、暗めの赤を使ったデザインを選びました。

  おすすめ1
和風テンプレート『wagashi』 ZenCart専用
左メニュー左端の、井桁絣柄がかわいく、カラーアクセントになったデザインです。
  おすすめ2
和風テンプレート『ageha』Zen Cart専用
全体的な配置などはシンプルなのですが、アイコンが細かくかわいらしいデザインです。
実はお気に入りのテンプレートだったりします :lol:
  おすすめ3
レトロテンプレート『antique』Zen Cart専用
今回の3点の中で唯一和風では無いテンプレートです。

このテンプレートも配置などはシンプルなので、使いやすいデザインです。

他にも色々なテンプレートがあるので、
興味がある人は是非一度ご覧ください :-P

テンプレートサイトはこちらから